忍者ブログ

明日という名の奇蹟

 ~ 脳がうんにょりするネトゲBlog ~

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

星座ペットたちと学ぶオフサイド

クリュ&ヘレネ・・・双子座の聖霊
アルテ・・・獅子座の聖霊

クリュ「ちょっとあれみな~ ええすがとぉぉるぅぅ~」
ヘレネ「あら、クリュごきげんね」
クリュ「おうよ!来年はワールドカップだから今からルールをおぼえるのだ」
ヘレネ「え、今から覚えるの?
クリュ「おうよ」
ヘレネ「今まで日本代表の試合とか観戦してたじゃない」
クリュ「あれはなんとなくー。
    ゴールが決まれば1点、ってだけ知ってればもりあがれたし」
ヘレネ「まぁねぇ」
クリュ「そういうヘレネは知ってるの?」
ヘレネ「え・・・あんまし知らないけど」
クリュ「ふっ、しったかぶりか」
ヘレネ「知ったかぶってなんかないでしょ!」
クリュ「『え、いまからおびょねるにょー?』だって。ギザオカシスw」
ヘレネ「そんな噛みかたしてないじゃん!!」
クリュ「なんだとーっ」
ヘレネ「やるかーっ」

アルテ「まてーっ!!」
クリュ「おお?頭の後ろにヒトデがついてる、でおなじみのアルテではないか」
アルテ「だれがヒトデだっ!」
ヘレネ「なんかはんぺんみたいだよねぇ」
アルテ「ボクのアタマの話はどうでもいいの!!
     ・・・おふたりさん、サッカーのルールがわかってないんだね?」

クリュ「まー、だいたいしってるけどー」
アルテ「知ってるんかいっ!!」
ヘレネ「あえて言えば『オフサイド』がよくわかんないわ」
アルテ「OKOK、オフサイドね。にわかサッカーファンがよくハマるとこだ。
     ボクがおしえてあげようっ!!」

クリュ(べつに頼んでないのにねー)
ヘレネ(ねー)


アルテ「オフサイドっていうのは一言で言うと
     『オフサイドポジションにいる選手に対してパスを出してはいけない』っていう
     ルールなんだ」

ヘレネ「オフサイドポジション?」
アルテ「待ち伏せを禁止することで戦略性を深めてるんだよ」
クリュ「で、オフサイドポジションって?」
アルテ「それは3つの条件があってそれを全部満たすとき、
     それがオフサイドポジションになる」

クリュ「はやくおしえろよー」
アルテ「1.相手陣内である 
     2.ボールより前にいる
     3.相手の2番目に後方の選手よりゴールラインに近い位置にいる
     この3つだよ」

ヘレネ「3番がわかりづらいわね」
アルテ「そうだね、で、たいてい相手の一番後ろの選手はキーパーだから
     『キーパー以外に自分よりゴールラインに近い相手選手がいないとき』って
     ことになるかな」

クリュ「よし、わかった!」
アルテ「はやいな」
ヘレネ「じゃあこんな場合はオフサイド?っていう質問をしまーす」
アルテ「どんとこいっ」


◆オフサイドポジションに5cmだけ入ってパスを受けた場合

クリュ「これはセーフでしょ、5cmだもん」
ヘレネ「5cmだしねぇ」
アルテ「ダメに決まってっしょっ、5cmだってオフサイドはオフサイドさ」
クリュ「えー、けちくせー」
ヘレネ「これも民主党政権のせいかしら」


◆他に用事があったのに無理して試合に来てくれた人が
  オフサイドポジションでパスをもらった場合

クリュ「これこそセーフだよ、だってムリ言って来てもらったんだよ?
アルテ「ぶっぶー!オフサイドと用事が関係あるわけないっての
クリュ「まじで?お子さんが生まれる予定日とかだったかもしれないよ?」
アルテ「だったらそっちいけよ」
ヘレネ「オフサイドって冷たいのね」


◆オフサイドポジションでパスを受けた人がおじいちゃんっ子で
  背中におじいちゃんを背負っていた場合

アルテ「・・・だれだ、この質問用意したヤツ」
クリュ「はいはーい、これわかりましたー!オフサイドではないです、
     おじいちゃん背負ってるのにオフサイドなんておかしいよっ」
アルテ「あほかっ!おじいちゃん孝行だろうとなんだろうと
     オフサイドなもんはオフサイドだ!」
ヘレネ「背負ってるのがおばあちゃんだった場合は?
アルテ「オフサイド」
クリュ「こ、子泣きじじぃだった場合は?」
アルテ「つぶれて死ぬな、それは」


◆パスを出した人も受けた人もおじいちゃん孝行だった場合

アルテ「これもダメ!あたりまえだろっ!」
クリュ「で、でも試合が敬老の日だったらOKだよね?」
アルテ「だーーーめっ!!!」
ヘレネ「オフサイドって血も涙もないのね」


◆パスを受けたのが天皇陛下だった場合

クリュ「これは・・・さすがに・・・」
アルテ「オフサイド」
ヘレネ「ええっ!?ま、まさか陛下に対して笛を吹くつもりなの!?」
アルテ「いや吹くさ、そりゃ」
クリュ「不敬罪だ!不敬罪だ!」
アルテ「オフサイド知らないくせに不敬罪なんて知ってるのか」


◆パスを受けたのが姑で、審判が嫁だった場合

ヘレネ「これはルール以前の問題よ。
     そんな状態で笛吹いたらあとで姑からいびられちゃうわ」

クリュ「『あらケイコさん、審判はきちんとできるのに
     掃除はいい加減なのねぇ』とか言われちゃうぞ」
アルテ「ダメダメ!そういうことに左右されたら試合になんないだろ!」
クリュ「オフサイドってやつぁ、義理も人情もねえなぁ」
    

◆あと一勝で甲子園、というところで
  エースピッチャーが交通事故に遭い
  代わりに双子の兄が野球部に入部した場合


アルテ「まてーっ!!もはやサッカーですらないっ!!!」
クリュ「これはオフサイドじゃないよね、さすがに」
ヘレネ「野球だもんねー」
アルテ「わかってんなら聞くなっ!!」
クリュ「おっねーがいっ、たっちっ、たっち、ここにたっち~」
ヘレネ「あ~な~た~か~らぁ~」
アルテ「タッチっ!!」
クリュ(なんのかんの言ってノリノリじゃんねー)
ヘレネ(ねー)
PR

コメントを書く

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
小岩井よーぐる
職業:
会社員/主婦
自己紹介:
愛に飢えた寂しい子ども時代を
過ごした女の子。
髪は赤毛でそばかすだらけ、
感受性が豊かで、おしゃべり。
悲しいことも得意の想像力で
喜びにかえていく。
死神リュークが地上に落とした
デスノートを拾ったことを契機に
新世界の神になる事を決意する。
現在、FF14にて世界征服中。

最新コメント

[02/03 tomFliemi]
[05/16 backlink service]
[11/28 くーてぃあ]
[11/25 くーてぃあ]
[11/25 くーてぃあ]

メールフォーム

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- 明日という名の奇蹟 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by PETIT SOZAI EMI / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]