忍者ブログ

明日という名の奇蹟

 ~ 脳がうんにょりするネトゲBlog ~

カテゴリー「FF14」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

廃神かるた FF14

あ したこそは学校に行こう
い つでも絶賛ログイン中
う まい狩場はわたさない
え らぷしょん避けられないヤツはくんな
お まえたちとは違うんだよ


か ぎが出るまで途中抜けはさせない
き んだん装備じゃないから晒す
く るしまぎれに「有給取ったから」
け いたいは鳴らないけど着メロこだわり 
こ んな人生のはずじゃなかったのに



さ くりふぁ切らす呪術は死ね
し ごと? FF14です  
す ぐ人のせい 
せ かんどだってALL50 
そ いつもBL入れた


た まに涙が出ます
ち きゅうが爆発しちゃえばいいのに
つ られると顔真っ赤で反論
て に入れたレアをチャットで自慢 
と うとう30歳 



な まえがエロゲーキャラ  
に がい思い出の高校時代
ぬ とっとしてるゲームパット
ね るのは夜が明けてから
の らの連中は全員道具


は たらいたら負けだと思ってる
ひ まな時間なんかねーよ、パッチきてからは
ふ つうもうALL50だろ?
へ いじつの昼間だからね、今
ほ んとうの俺はすごいんだぞ



ま めなのはゲームの中だけ
み んな俺の敵か奴隷
む だに詳しい攻略データ
め がねはアブラでギットギト
も う2か月家族以外と話してません


や りサイコー! 斧サイコー!
ゆ うべお母さんが台所で泣いてました
よ ったフリして暴言三昧



ら いばるは無実の罪で晒す
り せきしてただけ、ツールじゃないよ
る すばん電話はもう2年録音ないし
れ いど行くときだけチャットに参加
ろ りこんはデフォ

 
わ らっていいとも! はもう見飽きた
を をー、鍵でたね、じゃ主催者優先で
ん ーっと、ネタだから。ネタだからw
PR

物乞いの少女

とある昼下がり。

僕はいつものようにグリダニアの街を歩いていた。
戦いや生産に疲れたときには、やはり露店めぐりが楽しい。
思わぬ掘り出し物を見つけた時は言うまでもないけれど
取るに足らない、ありきたりな商品であったとしても
その人の、これまでの歴史が見えるからだ。
「ああ、低レベル幻具を売ってるってことは
 ショックスパイクまで習得できたのかな」とか
「これだけ各生産の基礎材料が豊富って、相当いろんな生産やってるのかなぁ」とか
そんなことを想像しながら見て回るだけで、小一時間くらいすぐに経ってしまう。


 「ねぇ、お金ちょうだいよ」


不躾な「tel」が来たのはそんな時だった。
名前に見覚えはない。フレやLSメンバーのサブ・・・というわけでもなさそうだ。
たまにこういう「クレクレくん」がいる、と聞く。
やれやれ、ほしいものを自分でゲットしなくて、何が楽しいのか。
「tel」に無反応のまま、露店めぐりを再開していると

 「ねぇねぇ、お金ー。お金ちょうだいよー」

同じ人物からの「tel」が再び飛んできた。
ブラックリストに入れてもいいのだが
とりあえず言って分かってもらえるようなら、と「tel」を返してみた。

 「人にあげられるほど、お金は持っていませんよ」
 「うそー、1万ギルでいいからさぁ~」
 「1万って、無条件であげるには額が大きいでしょう?」
 「じゃ、いくらでもいいよ、お金ちょうだいー」
 「あなたがやってることは立派な迷惑行為ですよ、
  そんなことしてたら友達もできないし、最終的には通報されちゃいますよ」
 「いいから、おかねちょうだいー」

こりゃだめだ。ブラックリストに入れちゃえ・・・と思った時、
少し前方に「tel」の主を見つけた。


そこにいたのは、女の子だった。


ただ、「クレクレくん」だけあって
フィジカルレベルは1、身に着けているものは初期装備だけ。
その初期装備も洗濯すらしていないのか、あちこちが汚れている。
服だけでなく、その子自身も
元の目鼻立ちが分からないほど、顔や髪が汚れてしまっていた。

僕は決して同情したわけでも、相手が女の子だったからでもないが
「tel」がうっとーしかったのと
「ブラックリスト」を使うことそのものに抵抗があったこと、
そしてせめて身だしなみくらい何とかしろよ、という抗議の意味も含めて
その子に1万ギルを投げつけた。

 「それで風呂くらい入って、安い服でも買ってください。
  で、僕にはもう話しかけないでくださいね」

こういう行為がこの手の輩を増長させてしまうことは分かっていたが
思わずこうしたくなってしまうくらい、その子は汚れていたのだ。

女の子は石畳の上に落ちた1万ギルを
がっつくようにかき集めた・・・その瞬間。


 「えっ!?」


急に目の前が光に支配された。
しゃがんでギルを拾っていた女の子が、まばゆいばかりの光に包まれたのだ。
僕は思わず顔を背け、光の洪水が治まるのを待った。
そして光が消えたとき、そこにいたのはさっきの女の子ではなく
気品と神々しさをまとった、大人の女性だった。

 「こ、これはいったい・・・?」
 「私は女神です」

「女神」と名乗った女性は
その姿と名前にふさわしい、凛と通る声で続けた。

 「あなたのおかげで呪いが解けました、ありがとう」

僕は目の前で起こった出来事がにわかには信じられなかったが
現実にさっきの小汚い少女はどこにもいなくなっていた。


ふと、脳裏をある考えがよぎる。


もし、この人が本当に女神なら
恩返しやご褒美の一つもあるんじゃないだろうか。

そんな下賤なことを考えていると
まるでその考えを見透かしたかのように
女神はゆったりとしたしぐさで右手を差し伸べてきた。

気まぐれとはいえ、善いことはするもんだ。

女神は手を差し出したまま、微笑んでこう言った。












「おかね、ちょうだい」

高田純次の武器屋

0b2oKnOCwrpA4ANKtONKeuFZoHFv3doAJIEYlp1LIA.jpg

いらっしゃーい、今日はどういった御用ですかねー
おじさんにおっぱいでも見せに来たのかなー?
え、ちがうー?
奇遇だなぁ、昨日来た客も違うって言ってたよー、もしかして双子ちゃん?
そんなことないよねー、ウンウン。

それで今日は何を・・・え? 剣?
いやー参ったなぁ、残念。剣だけ売り切れなんですよー、今。
昨日までは3兆本くらいあったんですけどねー
そんなになかったかー、ないよねー普通、ウン。
あ、そうだ、エクスカリバーならおじさんの股間にひとつあるんだけどダメ?あ、ダメ。
よかったーダメでー
「OK」なんて言われたらはるな愛ちゃんにモロッコのお医者さんでも紹介してもらわないと
はずせないからねー、エクスカリバー。

ところでお客さん剣術士?あ、ホントに?
おじさんの好きな職業の一つですー。
もうエオルゼアのファイター職の中でもベスト10に入るね、余裕で入っちゃうよね。
あ、ない?ファイター職10種類もない?
知ってますー、やだなぁ、おじさんだってそれくらいはねぇ~
だっておじさん、もう還暦過ぎてんのよ?ヴァーミリオンちゃんちゃんこ着ちゃう年だもんー
だったらもっと落ち着けって?
うわー、イタいとこ突かれちゃったなー、さすが剣術士だけに突くのがウマイねぇ~
え?突くのは槍術?ウンウン、そうだよね、槍だよねー。


「足払い!」


ウン、槍持ったんなら突けって話だよねー、払っちゃった、ごめんごめん。
ジョウダンよ、ジョウダン。
やだなぁ、怒んないでよー、僕たち他人でしょ?
あー、だからかー。だからだよね、他人じゃ怒るよねー

ドラゴンボールで学ぶFF14

【おうちのかたへ】
このネタはFF14サービス開始一周年記念と言うコトで
サービス開始からたどってきた軌跡をセルゲームになぞらえまシタ。
時系列が若干おかしいところは目をつぶってクダサイ。
つぶれないとイウなら、ワタシがつぶしてクレるわっ!!!w

・・・つづきはこちらっ

愚民日記

10月29日(土)
例によって例の如く、某ショッピングモール内の喫茶店内で「別の顔」を収録。
ほぼ毎週来て、レモンパイ(ちょううまい)と
ウーロン茶(これとホットコーヒーだけはおかわり自由)を頼み
ノートPCで2~3時間カリカリなんかやってるワタシは
きっとお店で「また来たよ、レモンパイ」とかあだ名をつけられてることだろう。
ワタシも学生時代、ルノアールで長くバイトをしてたけど常連さんにはあだ名をつけたし。
あまりに似ていたので「夏木ゆたか」と勝手に呼んでた常連さんが
実は本人だったことに気づいたのは半年経ってからだったけど。
そういえば最近見ないなぁ、夏木ゆたか。ガチで来てたので名前は伏せない。
ちょっとノドが痛い。きっと死ぬ。


10月30日(日)
ノドが痛い。「経験者のみ」で募集してたリーダー自身が実は未経験者だった時くらい痛い。
今日は近所にあった普通のガストがステーキガストになったので乗り込む予定だったのに。
「風邪ひいたかも」という話をダンナと妹にしたら
「体調悪い時は栄養をつけなきゃ」と賛成2反対1で
ステーキガスト突貫ツアーは可決されました。
行ってみたらすべてのメニューにサラダバーとスープバーが付いている店だった。
まじか、この体調で食べ放題なのか。
ていうか200mくらい近くに同じコンセプトの「ステーキけん」というお店があるんだけど。
他にも埼玉には「ステーキのどん」っていう結構メジャーなステーキ専門ファミレスもあって
そこも1kmと離れていないとこに鎮座しておられるのだぞ。
なんだ、ワタシたちに肉ばっか食わせて海賊王にでもするつもりなのか。
もっと考えて出店して欲しい。
ちなみに妹はほぼ一人でスープバーのミネストローネを一本空けた。マジだから困る。


10月31日(月)
悪化。たぶん6時間以内に死ぬ。
朝、出社の準備をしていたら熱のせいで手元が狂い、エドモンド本田メイクになってしまう。
課長に「スモウの強さを世界に知らしめるために休ませてほしいでゴワス」と電話したら
「それは大自然のお仕置きだな」と言われる。
ゲームが違うだろ。やっぱりこの人についていってはいけない気がする。
お医者さんに行ったら月曜ということもあって大盛況。
もう円高とかでヒイヒイ言ってる輸出企業は
みんな医者をやればいいんじゃないか、ってくらい混んでる。でもウルダハよりはマシかな。
って、よくよく見てみたら待合室にいる半分以上がインフルの予防接種の人みたい。
アホか。おまいらがインフルになりたくないよぅ、なんていう極めて利己的な理由で
ホントに具合悪い人を待たせていいのか。
インフルは防げても風邪はうつるぞ。ていうか、うつす。
アッタマ来たから予防接種待ちの列にスーパー頭突きで突っ込んだら
サマーソルトで迎撃される。
待ちガイルは反則だろ。それが朝起きてから6時間後の出来事だった。


11月3日(木)
火曜、水曜と働いての祝日。体調も悪いし夜にFF14でイベントがあるのでずっと家にいる。
初めて経験値稼ぎPTに参加。今まではリーヴやらビヘストやらだったけど
とうとうFF14にも経験値稼ぎPTができたか。
そういえば黎明期は修錬値がランダムで上昇したから
修錬値稼ぎPTとしてカニを殴りに行ったりしたっけ。ああ、カニが食べたい。リアルに。
ノフィカの近くでダニ退治。気分は布団たたき。「経験、経験、ほれ経験!」
そういえば騒音おばさんはそろそろ刑務所から出てきたんだろうか。
その後の話はラジオ等でお話ししたので割愛。
あ、その後の話って言っても
「騒音おばさんの出所後の話」っていう意味ではないので念のため。
次回のイベントに参加することがあれば今度は生トークしたいです。
その場で大喜利もしたいです。
バスケはそんなにしたくないです、安西先生。あ、カニは食べたい。リアルに。


11月5日(土)
近所のメガドンキホーテがリニューアルしたので行ってきた。
まず一番驚いたのが建屋が全部ワラで出来ていたこと。
なんだろう、また燃やされたいんだろうか。
よしんば放火対策に私服店員を30人配置していたとしても
オオカミが来たら一発で吹き飛ばされることウケアイ。
ここまでウソ。実際はそんなに変わってなくてガッカリ。
エスカレーターがおかしいとこも変わっていない。
普通エスカって、一階から乗ったらそのまま連続して
どんどん上の階へ行けると思うんだけど
ドンキのエスカって一階から二階に着いてもエスカの動きが連続していないので
すぐ三階には行けずに反対側に回らないとダメな仕様になってる。
もちろんお客に少しでも店内を回らせて「ついで買い」を増やす作戦なのはわかる。
だけど来店時はまだしも、1階で両手いっぱいに大豆を買った客がだ、
帰りがけ、屋上の駐車場に着くまでのわずかな間に
パーティーグッズとかGショックとか買うとは思えないんだけど。大豆腐るし。
仕方がないのでワラで出来た店舗の特性を生かし、納豆を作ったらまさかのHQ。


11月6日(日)
LSで蛮族拠点3か所のグラカンクエを実施。
「穀物に毒を混ぜる」というおよそプレイヤーらしからぬクエストとかいいんだろうか。
で、どうしてウ・ガマロだけこんなにキツいんだろう。
せまい&敵の数が多い&リポップが早い、の三重苦で真矢みきでも諦めそうなイキオイ。
生き残るため、必死にコボルドたちをアク抜きしてから圧力なべで煮込んでいたら
とうとう最後のレベルが上がってしまった。無事にダメ人間格闘士がカンスト。
トトラク+ゼーメル+拠点3か所のクエを一気に終わらせたらFF14で表彰された。
「昨日いちばんキモかった人」「今週ずっとキモかった人」の2冠王。
キモいって失礼だな。キモいっていうヤツがキモいんだ! って絶叫したら
ダンナが「じゃあお前は他人に『キモイ』って言い続けたんだね」とのたまう。
ナイス マイハズバンド。いつかころす。リポップはさせない。
  

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
小岩井よーぐる
職業:
会社員/主婦
自己紹介:
愛に飢えた寂しい子ども時代を
過ごした女の子。
髪は赤毛でそばかすだらけ、
感受性が豊かで、おしゃべり。
悲しいことも得意の想像力で
喜びにかえていく。
死神リュークが地上に落とした
デスノートを拾ったことを契機に
新世界の神になる事を決意する。
現在、FF14にて世界征服中。

最新コメント

[02/03 tomFliemi]
[05/16 backlink service]
[11/28 くーてぃあ]
[11/25 くーてぃあ]
[11/25 くーてぃあ]

メールフォーム

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- 明日という名の奇蹟 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by PETIT SOZAI EMI / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]