忍者ブログ

明日という名の奇蹟

 ~ 脳がうんにょりするネトゲBlog ~

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小岩井式「不死の勇者たち」

今日も今日とて、ソロでデイリークエをしていたら
誰かが僕を呼ぶ声がした。

GMさんだった。

 「少々よろしいですか?」
 「はい」
 「いろいろログを調べさせていただきました。
  あなたはこれまで、まだ一度も死んだことのないナイトさん、間違いありませんか?」

いきなりそんなことを聞かれる。
よく思い返してみると、たしかに今まで数多くのクエストをこなし
時にはずいぶんレベルが上がってから、【強敵】クエボスに一人で挑んだりもしたけれど
一度も死んだことはない。

  「はい、言われてみればたしかに・・・」
  「それはすごいですね。攻撃の矢面に立たされるナイトさんは
   一番死にやすい職業といっても過言ではないのに」

考えたことも無かった。そうか、そうだよな普通。

  「ちょっと来ていただけませんか?」
  「えっ!?」

GMに「ちょっとこい」なんて言われると、なんか焦る。
悪いことをしてるわけでもないのに
警官を見るとちょっとびびる、あの感覚だ。

 「い、いや、確かに死んだことはないですけど、別に不正なことは・・・」
 「あはは、そういう意味でお呼びしてるわけではありませんよ」

少なくとも僕になんらかのマイナス要因があっての「お呼び」ではないようだ。
程なく、僕は不思議な空間に転送された。



  「こちらへどうぞ」

ドラクエの旅の扉みたいな、うんにょりした空間を抜けると
そこは見たこともないホールだった。
GMさんいわく「まだ実装されていないギルドルーム」だそう。
その「ギルドルーム」には僕のほかにやはりナイトとおぼしきキャラが
20人くらいいた。


  「よし!それでは皆さん聞いてください。今からマスターを呼びます!」

マスター?何が始まるんだ?
そのとき、奥にあった舞台の緞帳がゆっくりと上がった。


  「諸君、よく集まってくれたね」


ド派手なキンピカの鎧。床に着かんばかりの長いマント。
「ナイト」と言われたらだれもが思い浮かべるような
ベタな騎士がそこに立っていた。


  「君たちには私に協力してもらって、とあるミッションをこなしてもらいたいっ!」

「マスター」と呼ばれたナイトは言葉を続ける。

  「君たちは全員『今まで一度も死んだことのないナイト』だ。
   なぜ君たちは今まで一度も死ななかったのか。
   装備がよかったから?無茶をしない堅実な性格だから?
   はたまた類い稀な高いプレイスキルを持っているから?」


「マスター」は少々芝居かかった口調でそう問いかけた。
しかし他のみんなは知らないけど、少なくとも僕はちがう。
装備はクエストの報酬だし、経験が浅いからプレイスキルだってヘボヘボだ。
堅実・・・というか、消極的な性格は、まぁ、認めなくはないけれど。


  「残念ながらそれはどれもちがうっ!!どれだけいい装備を持ち、
   堅実にプレイし、そして君たちが一流ゲーマーであったとしても
   厳しいダンジョンで様々な人とPTを組み、
   不測の事態が多数発生する中で、盾役が今まで一度も死なずに過ごす、というのは
   実に困難だ。しかもこれだけ大勢がそれに該当する確率なぞ、言わずもがなっ!」

結局何が言いたいんだろう。よく分からないな。

  「結論を言おう!不死の能力。そう、君たちは不死の能力を持っているのだ!

不死・・・?死なないってことか・・・?僕が!?
思わずGMさんのほうを見る。GMさんは深く頷いている。


  「ここに集まったのはそんな勇者たちだ。
   今から我々は闇の盟主:アークレインを倒しに行かなければならない。
   しかし奴の力は強大だ。そこで君たち、『不死の能力者』の助けが必要なのだ!」


そうだったのか。「勇者」「能力者」とか言われると、なんだか妙な使命感を覚える。
今までただ漠然とクエストをこなし、獲物を狩るだけの毎日だったけれど
僕にできること、僕のやりたいことが決まった。
この能力を生かしていきたい。心底、そう思った。








そのとき、一人の少年がこんなことを言った。


 「いやあのー、ぼくたしかに死んだことないですけど、
  PTを組んだことも、誘われたことも、ダンジョンに入ったことすらもないですよ」


 「俺も俺も」

 「あたしもそうです」




ミー、トゥー。

PR

コメントを書く

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

無題

あたしダンジョンに行かなくても普通に死ぬョ…
何となく左の「Iris Online GBR」って所のバナーを押したら変な所に飛んで、ここのブログが2位とかになってたネー
  • ココちゃん さん |
  • 2010/06/16 (16:22) |
  • Edit |
  • 返信

Re:無題

ナイトは固いから
相当やばくなってから逃げても全然間に合っちゃうので
まぁ、ソロならまず死なないんですよね、
実際放置以外で死んだことないしw

GBRは久しぶりにのぞいたらなんだかいい勢いですねぇ~
更新しても投げ先がないのでとりあえず登録してみたんですけど。
  • from 小岩井よーぐる |
  • 2010/06/17 (09:03)
  

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
小岩井よーぐる
職業:
会社員/主婦
自己紹介:
愛に飢えた寂しい子ども時代を
過ごした女の子。
髪は赤毛でそばかすだらけ、
感受性が豊かで、おしゃべり。
悲しいことも得意の想像力で
喜びにかえていく。
死神リュークが地上に落とした
デスノートを拾ったことを契機に
新世界の神になる事を決意する。
現在、FF14にて世界征服中。

最新コメント

[02/03 tomFliemi]
[05/16 backlink service]
[11/28 くーてぃあ]
[11/25 くーてぃあ]
[11/25 くーてぃあ]

メールフォーム

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- 明日という名の奇蹟 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by PETIT SOZAI EMI / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]